補色POP

石川香代

色相環の中で反対に位置する色同士、たとえば赤と緑、青と黄は、補色関係にあります。

白い紙の上にある3センチ角の赤い四角を30秒見続けて、スッと目を離し白い紙を見ると、3センチ角の緑の四角が浮かび上がります。

赤に疲れた目が「あー疲れた!反対の色見たい!」と思うから緑が見えるのです。残像と言います。

手術着が緑なのもそのためです。赤い血を見続けると、白い手術着に緑の残像がチカチカするから緑の手術着を着ます。

まあそれくらい補色関係はお互いを目立たせあうからPOPに使ってもも目立つのですが。

とはいえ、赤と緑を接触させるときつすぎます。クリスマスカラーは目がチカチカするのかそうです。

だから赤と緑の間に白や黒などをかますのです。

この場合は赤と緑か柱と額縁で離れているからきつすぎずに目立っています。